アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「コイン」のブログ記事

みんなの「コイン」ブログ

タイトル 日 時
北宋銭事始め(1) 皇朝銭の発行とその失敗
昨年秋、久しぶりに古銭の催事に顔を出して、「北宋銭」100枚の緡を買った。少し割高だったかもしれない。 それはともかく、北宋銭とは宋の時代の銅銭である。平清盛が日宋貿易に乗り出すころから、貿易の資金決済として北九州辺りで盛んに輸入され始める。800年から900年くらい前の時代のことである。 北宋銭について考える前に、まず我が国での貨幣経済の成り立ちについて簡単にみておきたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 16:56
風鎮から出た古銭
風鎮から出た古銭 先日、風鎮から出た古銭の話を書いたところだが、一応「古寛永」の分類らしきものをカタログ片手にしてみた。カタログといっても「日本貨幣型録」だから、ほんとに初心者向けのザクッとしたものでしかないのだが、それによると、出てきたのは「芝銭」「沓谷銭」「建仁寺銭」「松本銭」「吉田銭」それからどうしても判別の付かないもの1枚。間違っているかもしれないが、画像を添付しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 22:20
風鎮の中身
風鎮の中身 「風鎮」というものがある。掛け軸などが、風で飛ばないようにする表装具の一つで、通常は石製のものが多い。 先日、いつもの縁日の露店で、古びた「風鎮」を見つけた。白い房で、錦の絹に包まれているが、かなりすりきれたりしており、半ば中身が露出していた。 その露出している中身というのは古銭だった。ざっとみたところ、2、30枚あるだろうか。店の人の値段を聞いて、2本とも即買いした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 22:34
吾唯知足と龍安寺石庭
吾唯知足と龍安寺石庭 紅葉のシーズンも足早に去って行った。 さりとて冬というにはまだ早く、「晩秋」という言葉が、今まさにぴったりの時節ではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 22:30
古銭館参考書籍(コイン・古銭・貨幣にまつわる書籍)のページを更新しました
古銭館の参考書籍のページ更新のお知らせ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 21:32
古銭館参考書籍(コイン・古銭・貨幣にまつわる書籍)のページを更新しました
古銭館の参考書籍のページ更新のお知らせ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 21:40
五銭白銅貨考(4)「小型五銭白銅貨」
五銭白銅貨考(4)「小型五銭白銅貨」 五銭白銅貨をめぐる第4回目にして最終回は、「小型五銭白銅貨」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 21:39
フランス たねまく人シリーズのコイン
フランス たねまく人シリーズのコイン フランスがEUの参加国として通貨がユーロに移行して久しいが、私はかつてのフランス通貨「フラン」に使われていた「種まくひと」の図柄が好きである。厳密にいうと、この図柄はいわゆる有名な「種まく人」ではない。しかしこのデザインのコインは、1800年代の終わりころからずっと、フランスのコインに刻まれ続けてきた、ロングセラーなのである。第二次大戦後は、材質も銀から白銅質に変わったようだが、デザインは変わらない。 古くから5フラン・2フラン・1フランとあり、さらに50サンチウム(二分の一フラン)も同じ図柄... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/06 20:46
五銭白銅貨考(3) 「大型五銭白銅貨」
五銭白銅貨考(3) 「大型五銭白銅貨」 五銭白銅貨をめぐるコラムの第3回目は、「大型五銭白銅貨」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 22:04
五銭白銅貨考(3) に入る前に
菊五銭白銅貨、稲五銭白銅貨と書いてきて、当然続きは大型五銭白銅貨、小型五銭白銅貨となるのであるが、なかなか筆が前に進まない。 なんとなれば、大型五銭白銅貨を語るときには当然にその年(大正6年)の経済的事件、いわゆる時代背景というものについても、無知あるいは目をそむけたままという訳にはいかないからである。 なんといってもこの年は、我が国において、金本位制度が停止された年であった。それはどうしてなのか、根本的な時代背景や国際事情にはどんな原因があったのか?突き詰めれば詰めるほどに、ますます勉強不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/22 21:36
中華民国 「五角黄銅貨」
中華民国 「五角黄銅貨」 最近コインから少し離れている。(資金難で、コインに振り向ける余裕資金がない。もっとも、そういう時間もない)たまに休みの日が縁日と重なると、露店に顔を出す程度のことはする、とは、このブログでも何度か話題にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/19 21:19
古銭館参考書籍(コイン・古銭・貨幣にまつわる書籍)のページを更新しました
古銭館参考書籍(コイン・古銭・貨幣にまつわる書籍)のページを更新しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/06 22:53
五銭白銅貨考(2)「稲五銭白銅貨」
五銭白銅貨考(2)「稲五銭白銅貨」 左 菊五銭白銅貨(明治22年〜明治30年) 右 稲五銭白銅貨(明治30年〜明治38年) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/17 22:20
五銭白銅貨考(1)「菊五銭白銅貨」
五銭白銅貨考(1)「菊五銭白銅貨」 左 菊五銭白銅貨(明治22年〜明治30年) 右 5セント白銅貨(アメリカ) 写真のものは2000年銘 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 21:41
新幹線の記念コイン
新幹線開業50年を記念する千円銀貨が発行された。今度のコインもご多分に漏れず、富士山らしき山と桜がセットで登場している。新幹線の0系自体は個人的には好きな車両なので、このコインは是非手に入れたいと思っていた。 応募については締切も抽選も、すでに去年の話だが、私は造幣局のオンラインショップで申込み、かつハガキを10枚出したのだが、待てど暮らせど、入金の通知は来ず、とうとう外れてしまったらしいと思ったので、造幣局のサイトで詳しい状況を調べたところ、抽選倍率がたしか11倍あまり。あと5枚でもハガキを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 21:14
フィリピン 1センタボ銅貨(1944)
フィリピン 1センタボ銅貨(1944) 祖父については、1944年10月23日、フィリッピンのレイテ島タクロバンというところで戦死したらしいことは、このブログでも何度か話題にした。今年もその時期がめぐってきたけれども、今年はその死から70年目になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/26 23:23
朝鮮「二銭五分白銅貨」
朝鮮「二銭五分白銅貨」 時の流れに押し流されるように毎日は過ぎてゆき、気がつけばはや10月である。 なんだかんだとあわただしく一日は、それなりに充実した日もあれば、きょう一日何をしたの分からないまま暮れてしまう日もある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/02 22:31
二銭銅貨
二銭銅貨  久しぶりに、コインの話である。  江戸時代の貨幣制度に代わり、「新貨条例」によって、近代的な幣制を制スタートさせた明治政府は、その威信にかけて素晴らしいコインを作り出した。明治のコインは、金貨、銀貨は言うに及ばず、銅貨でさえも、そのデザイン、質感ともに、発行から140年以上経過した現代においてもなお、我々を魅了して止まない。チョッと褒めすぎのきらいもあるが、中でも二銭銅貨は、日本の近代貨幣史上、最大の銅貨である。日本では、近代銭に限れば、あとにも先にもこんな大きな銅貨はこの二銭銅貨だけで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/07 19:08
立木観音参拝
立木観音参拝 滋賀県瀬田の立木観音に参拝。毎年正月のうちに参るのだが、今年は違った。今日は一日(ついたち)ということもあってか、11時ころで既に参拝者の車が長蛇の列を作っていた。天気予報とは裏腹に、雪混じりの小雨はなかなか止まず、ガレージから『鹿跳橋』を渡るときは少し風も強かったが、時折差し込む日差しはどことなく春めいて、道行く人々の表情も、世相ほどには厳しくない気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 17:13
ホームページ(古銭館)更新と最近読了の本から
長いことホームページの更新もしていなかったものだ。 久しぶりの更新、とはいってもコイン関係の書籍のページのみ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/25 20:29
新年おめでとうございます
新年おめでとうございます 去年は後半から、ホームページの更新もブログの投稿もほったらかしになってしまったが、久しぶりの書き込みは、年が改まってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/03 20:51
地方自治法施行60周年記念コイン群
北海道に続いて、京都府と島根県のコインのデザインが発表された。(財務省ホームページ報道発表ほか) そもそも「地方自治法施行60周年記念コイン」とは、今後約10年に亘って全47都道府県別に千円銀貨、五百円硬貨を順次発行するという、壮大なもので、すべて完集しようとすると、30万円位かかろうというものだ。 銀貨は純銀で例のごとくカラーコインとなり、額面は千円だが発行価格は6000円である。五百円については、あえて「硬貨」としたが、現行の五百円と直径も同じだが材質としては、わが国初の「バイカラー・ク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/24 22:35
日本ブラジル交流年・移住100周年記念貨幣のてんまつ
日本ブラジル交流年・移住100周年記念貨幣のてんまつ あのコイン、どうなったんだろうと思っていたら、デザインまで変わってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/01 21:58
日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念貨幣
日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念貨幣(500円ニッケル黄銅貨)。 確かもうすぐ発行されるはずだが…。造幣局からも、財務省からも、その後、何の音沙汰もない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 21:00
北野天満宮
北野天満宮 一日一テーマというのが、このブログの原則である。そうでないと、すぐにねた切れになってしまうからだ。しかし今日は二つ目のテーマを書く。今日中に書いておかないと、何だか新鮮味がなくなってしまうから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/11/25 22:26
50銭黄銅貨と五円黄銅貨
50銭黄銅貨と五円黄銅貨 大型50銭黄銅貨(昭和21年) 小型50銭黄銅貨(昭和22年〜23年) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/24 17:27
コイン・古銭・貨幣にまつわる書籍のページ更新
今日は、コインや古銭に関する参考書籍の紹介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 18:46
小型50銭銀貨と鳳凰百円銀貨
小型50銭銀貨と鳳凰百円銀貨 小型50銭銀貨(鳳凰50銭銀貨):大正11年〜昭和13年(銀720:銅280) 鳳凰百円銀貨:昭和32年・33年(銀600:銅400) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/28 22:16
昭和13年の一銭硬貨
昭和13年の一銭硬貨 昭和13年に発行された一銭硬貨は、3種類ある。近代に入ってからでも、同じ年のうちに同一価銘の通貨のデサインが3度も変わるようなことは、わが国では他に例を見ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/08 13:43
またまた記念貨と貨幣セットのはなし
いまごろ4月のニュースからの話題だけれども、また記念硬貨が2種発行される。 来年3月頃にブラジル移民100周年を記念して500円ニッケル黄銅貨が出るという。来年はブラジル交流年とのことである。 いまひとつは今年の秋に行われる「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」記念ということで、こちらは千円銀貨になるらしいが…。しかもカラー銀貨である。 (4月17日付報道発表で、財務省ホームページに詳細が掲載されている) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 21:50
室町時代
室町時代 写真のコインは「永楽通寳」。日本の貨幣史上無視出来ないコインの一つである。日本の貨幣経済の立役者となったのは、実際はこの永楽銭より少し前の宋の国のコイン(北宋銭と呼ばれる)だが、室町時代から戦国にかけての社会、経済に対して永楽銭をはじめとする輸入銭(渡来銭という)の果たした役割、影響は非常に大きいものがある。 コインの収集もさることながら、もっとこの時代のことを勉強したいと最近おもっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/30 21:08
野鳥館(5) セグロセキレイ
野鳥館(5) セグロセキレイ 鳥の名前  セグロセキレイ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/25 22:38
記念貨幣、ワールドカップからタロとジロまで(完)
3回にわたって記念貨幣の話を書いてきたが、いよいよ平成14年〜最新のタロとジロのところまできた。今回はこのテーマの最終回。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/21 22:41
今なぜ、「ごんぎつね」なのか?
造幣局から、貨幣セット販売の案内が送られてきた。記念貨幣セットや、造幣局が 発売するミントセットなどを一回買うと、その後次々と製品案内が送られてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 23:13
記念貨幣、その後
再び記念貨幣のはなし。平成5年〜10年ころまでを振り返って。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/04 19:38
記念貨幣あれこれ
昨日の記念貨幣のはなしに続いて、これまで発行された記念貨幣のこと、当時のこと思いつくまま書いてみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/25 22:55
タロとジロの500円記念硬貨
昨日(1月23日)から金融機関の窓口で、記念硬貨の両替取り扱いが始まった。 南極地域観測50周年を記念して発行される500円ニッケル黄銅貨で、発行枚数は660万枚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/24 22:59

トップへ | みんなの「コイン」ブログ

おっくんの徒然blog日記 コインのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる