アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
おっくんの徒然blog日記
ブログ紹介
おっくんのホームページ】の「徒然日記」を、もっとつれづれに、かつまた掲示板的な利用方法をもくろんで…。まさに徒然なるままに、日々是好日、気の趣くまま、筆のすべるに任せましょう。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
2年目のヒヤシンス
2年目のヒヤシンス 去年咲かせたヒヤシンスの球根を、今年も続けて咲かせてみた。ものの本ではヒヤシンスの球根は、2年目は前の年より良い花は咲かない、ということが書いてあったのだが、実際そうだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 21:45
嵯峨野〜大覚寺辺り
嵯峨野〜大覚寺辺り 日の入りも遅くなってきて、ようやく暖かくなってきた。吹く風も真冬の冷たさはなくなったとはいうものの、屋外で強い風に吹かれていると、まだ春浅し、という風情である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/11 21:33
レプリカコインのシリーズ(6)
2月21日は、先週号によると、レプリカコインのマガジンの次号発売日である。ナンバー25の最新号のレプリカは、「豆板銀」だったはずだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 21:57
北宋銭事始め(3)
前回のコラムでは、平清盛が、日宋貿易のうまみに目をつけ、日本国内の流通機構にうまく乗りかかり、貨幣経済の効用を見抜いて、いち早くその利益を享受したことを書いた。 では、「宋銭」とはそもそも何なのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 21:44
レプリカコインマガジン(5)
最近、レプリカコインのマガジンは全然素通りつづきだ。 「慶長丁銀」以後、バックナンバーはどんどん進んでゆくが、これ、といって食指の伸びるものはない。 貿易銀、円銀、新旧の小型金貨は言うに及ばず、小判も何とか小判、何とか小判と種類を使い分けても、このシリーズのレプリカ小判は皆同じに見えてしまう。 ほかに「甲州金」の号もあった。これは、あまりにチャチな感じで、「これで千円近くを取るのか?」というシロモノだった。コンテンツも号を重ねるごとに薄っぺらくなってゆき(尤も、こういうシリーズの宿命と言え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 21:33
仏領インドシナ・蘭印東インドのコイン
仏領インドシナ・蘭印東インドのコイン しばらく寒い日が続く。1月下旬から2月中旬にかけては、一年の中でも最も寒い時期にあたる。 柄にもなくインフルエンザに罹った。厄介なことに、熱の出ないB型だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 21:12
伏見稲荷参詣
伏見稲荷参詣 少し遅れて、正月詣でに伏見稲荷を参拝する。今日は終日雨。時折強い風も吹き、およそ外出向きの日ではなかったのだが、伏見稲荷は大勢の参拝者でにぎわっていた。千本鳥居といわれる朱塗りの鳥居の林立した狭い参拝路を通ってゆくのだが、外国人が多く、思い思いの場所で立ち止まっては、写真を撮っている。道をふさいでいるのはたいがい彼らである。我々日本人だって、外国へ行くと、多かれ少なかれ似たようなことをしているのだろうから、あまり彼らを非難することはできまい。 とまれ、正月三が日ほどではないにせよ、ここ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 22:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

おっくんの徒然blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる