臨時通貨法の時代(3) 錫貨

IMG_9980.jpg

IMG_9984.jpg


十銭錫貨   昭和19年 (錫930 亜鉛70)
有孔五銭錫貨 昭和19年 (錫930 亜鉛70)
一銭錫亜鉛貨 昭和19年~昭和20年 (錫500 亜鉛500)

アルミニウムの原料となるボーキサイトはそもそも我が国では産出せず、占領地(主にオランダ領インドなど)から運んでくるほかなかったのだが、戦局の悪化に伴い、遠い占領地からの輸送船も次々沈められてゆくなかで、手持資材の食い伸ばしにも限界があった。何より航空機の資材としての需要が、貨幣素材としての利用を許さなくなることは目に見えていた。コインの軽量化だけでは追いつかず、抜本的に素材の変更が求められた。
 昭和19年3月、ことここに至って錫貨が登場する。デザインの簡素なこともさることながら、これらのコインは皆見た目からして暗い。暗澹とした国の状況をそのまま映し出すようでやりきれない。貧相な、そこはかとなく暗さのつきまとうこれらのコインが、今に伝えているその実態こそ、昭和19年から20年にかけての我が国の現状でもあったのだ。
さらに、昭和20年に入ると、十銭・五銭が紙幣に切り替えられて、終戦時にはただ一種、一銭錫亜鉛貨だけが残った。実際、「大日本」帝国のコインとしては、これが最後になる。

IMG_9996.jpg

一銭錫亜鉛貨、錫と亜鉛の割合が半々なのでそう呼ばれているのだが、未使用コインについては、昭和19年銘のものはよく見かけるものの、状態のよい昭和20年銘のものは、なかなかお目にかかったことがない。希少、という程ではないにせよ、私にとってはこれ、という状態のものを手に入れられずにいるコインの一つだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント