臨時通貨法の時代(1) アルミ銅貨と烏一銭黄銅貨

久しぶりに記事を書く。

IMG_9835.jpg

IMG_9843.jpg
 十銭アルミ銅貨・五銭アルミ銅貨(昭和13年~昭和15年 銅950 アルミ50)

十銭・五銭のニッケル貨が、軍需素材となるべく5年で退出していったあと、「臨時通貨法」第一号のコインとして登場したのは、金色燦然と輝くアルミ銅貨であった。ある意味では画期的、ということも出来ようか。アルミ銅貨というのはあまりなじみがないけれども、要は銅とアルミの合金で、これは貨幣素材からニッケルが完全に締め出されたことを意味している。十銭アルミ銅貨は現行の五円黄銅貨と見た目そっくりで、大きさもほとんど違わない。十銭・五銭ともに、比較的美しいものでも手に入れるのはそう困難ではないであろう。

 烏一銭黄銅貨(昭和13年 銅900 亜鉛100)

このとき、一銭貨幣についても形式が定められ、それまでの桐一銭青銅貨に替わって烏一銭黄銅貨が発行された。直径と重さは桐一銭と同じだが、素材が銅900・亜鉛100となって、桐一銭より銅の比率が下がっている。未使用コインをいくつか見る限り、桐一銭より逆に赤みが強い感じで、これを「黄銅貨」といわれると少し違和感があるが、素材構成としてこの品位では黄銅貨の範疇に入るのであろう。収集するにも一年だけしか発行されていないが、至極安価なコインである。作り込みとしては結構手が込んでいて、却って桐一銭よりも芸が細かい感じがする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント