おっくんの徒然blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潮文庫から池波正太郎さんの随筆集を

<<   作成日時 : 2017/04/18 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

池波正太郎さんの随筆集。新潮社から、文庫本になっているので、ファンの方も多いだろう。

「散歩のとき何か食べたくなって」
「日曜日の万年筆」
「映画を見ると得をする」
「食卓の情景」

一冊でも、これらのエッセイを読んでみると、ファンならずとも、その生きざま、人柄に魅了されてしまう。少なくとも、ひとつの憧憬ではあるだろう。いまの日本で、ここまでの男児はありや。いやはや正に「痛快」とはこのことである。

池波氏は、編集社の結婚間もない男(自分好みの飯を作ってくれない妻に辛抱している)にこう言い放つ。
「気に入らなかったら、膳をひっくり返せ。そうでないと、食いたいものなんて一生食えねえぜ」

ちゃぶ台返しをやるには度量が要る。度量は、度胸とは違う。それをやるだけの器量が要るのだ。
言い方かえれば、そこに女を納得させるものがあるか、相手をしびれさせることができるか、このことであると思う。
いい大人に、なりたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潮文庫から池波正太郎さんの随筆集を おっくんの徒然blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる