おっくんの徒然blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野鳥館 冬から春にかけての鳥たち

<<   作成日時 : 2017/03/17 22:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

折角修理したフィルムカメラも、使わなければ意味がない。冬から春にかけて、嵯峨野から広沢の池にかけて、久しぶりにカメラ片手に出掛けてみた。
最近はフィルムを手に入れるのにも苦労する。撮った後も現像はするが、CDに焼いてもらってプリントはしていない。それでも結構”付く”。

ぼやきはそれくらいにして。

久しぶりの野鳥観察である。
大覚寺、広沢の池、嵯峨野、というフィールドはありふれているけれども野鳥の宝庫でもある。

スズメ、メジロ、キジバト、ヒヨドリは言うに及ばず、
モズ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、カワラヒワといった小型鳥から
アカハラ、ツグミ、シロハラ、ムクドリの中型鳥、
ケリ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギ、
上空舞うものはトビ、ミサゴ。
湖畔の茂みにはクイナ、ヒクイナ、名前の分からないシギ。
セグロセキレイがせわしなく動き回っている。

池の中はしかし、すっかりオオバンに席捲されて、カモ類も影が薄い。このオオバンというやつには、さしものカワウもたじたじらしい。大沢の池など行っても、カワウはみな高い木の上に避難しているかの感がある。

もっと名前の分からない、知らない鳥もたくさんいるのだが、300ミリレンズと私の技術では、なかなかよい写真は撮れない。

画像

ジョウビタキ

画像

このとりは、どんどん足元のほうまで近寄ってきた。もう一瞬、シャッターが早かったら、きっちり収まったのに。

画像

オオバン

画像

集団で陸に上がって、何を食べているのだろう。

画像

クイナ

画像

クイナは、セキレイやジョウビタキと違って、けっこう人目を気にする鳥だ。

画像

ちょっと見づらいが、ヒクイナ

画像

飛翔するミサゴの雄姿。カッコいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野鳥館 冬から春にかけての鳥たち おっくんの徒然blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる